イベント・コンペアワード

  • 投稿:2012年2月17日
  • by 事務局 
  • セミナー・講演会

JIAイベント 緊急シンポジウム第2回 大阪中央郵便局の活用を考える

第2回緊急シンポジウムを開催
2012年2月23日、大阪中央郵便局舎の取壊工事の入札が行われる前日に、2回目の緊急シンポジウムを開きます。第1回での議論をふまえ、今回は、この建物の具体的な活用提案をもとに、様々な角度から活用の方法と可能性について議論します。活用アイデアの募集も始まりました。どうぞご参加ください。なお、シンポジウムは、Ustreamで生中継します。

                           
イベント名称 「緊急シンポジウム第2回 大阪中央郵便局の活用を考える」
保存と解体を超えて
開催日時2012年2月23日(木)18:00~20:00 (開場17:30)
内容

プログラム
1_報告
倉方 俊輔(建築史家,大阪市立大学准教授)
納見 健悟(あるく総合研究所主宰)
コメンテーター:松隈 洋(建築史家,京都工芸繊維大学教授)*
2_活用提案
前田 茂樹(建築家,大阪工業大学講師)+倉方 俊輔
中谷 ノボル(建築家,アートアンドクラフト)+RIPS DESIGNEAST実行委員会
コメンテーター:橋寺知子(建築史家,関西大学准教授)
3_ディスカッション
進行:高岡 伸一(建築家,大阪市立大学特任講師)
発言者:各発表者 コメンテーター:南 一誠(芝浦工業大学教授,学長補佐)
4_質疑応答
5_挨拶
長山 雅一(流通科学大学名誉教授,「大阪中央郵便局を守る会」代表)「大阪中央郵便局を守る会」呼びかけ人
※中谷ノボル氏は、シンポジウム当日はご都合により不参加です。

建物の活用アイデアの募集
大阪中央郵便局庁舎の活用アイデアを広く募集します。この名建築を残して使い続けるため、そして大阪の駅前を魅力ある街にするため、皆さんの思いを是非届けて下さい。プロ・アマ問いません。どなたでも結構です。優れた提案、ユニークな提案はシンポジウムでも発表いたします。
[応募方法]
活用アイデアを400字以内の文章にまとめて、氏名・性別・年齢・所属・住所・電話番号を明記の上、下記宛先にメールでお送り下さい。
送り先 osaka1939@s-takaoka.net 
*写真や図版を添付する場合は、メールの全体容量を1M以下にして下さい。
締切  2月20日(月)必着

★詳細ホームページ(大阪中央郵便局を守る会HP

参加対象一般
定員80名(申込不要・当日先着順)
参加費 500円(資料代含む)
申し込み方法

申込不要(当日先着順)

申込書 申込書
会場 中之島デザインミュージアム de sign de>
住所 大阪市北区中之島5-3-36中之島バンクスEAST
主催・共催等主催:大阪中央郵便局を守る会
後援:JIA近畿支部 他
お問い合わせ先 大阪中央郵便局を守る会 http://ocpo-1939.blogspot.com/ e-mail osaka1939@s-takaoka.net

関連記事

カテゴリー
アーカイブ
pickupイベント
2020年9月16日
Catalyst(カタリスト)第1回 不自然にならない自然
2020年9月15日
支部長通信2020 8月号
2020年8月21日
支部長通信2020 7月号
2020年8月19日
【御礼とご報告】令和2年7月豪雨に関する支援活動支援金について
2020年7月30日
JIA職員を偽装した迷惑メールにご注意ください
建築家を探そう
建築をつくる仲間たち
総合資格学院