地域会の活動

京都地域会

カテゴリー

  • 投稿:2016年1月11日
  • by 角直弘 
  • 京都地域会
  • お知らせ

2015年秋の「四君子苑」見学会

                           
イベント名称 「2015年秋の「四君子苑」見学会」
開催日時2015年11月11日(水) 14:30〜16:00
募集期間(締切日)終了
内容

近代数寄屋の巨匠吉田五十八による
「四君子苑(旧北村邸)」の見学会を行います。
参加希望の方は予約の都合上10月20日までに
申込下さいますようお願いいたします。
皆様是非ご参加下さい。
http://www.kitamura-museum.com/shikunshien.html

参加対象一般
定員20名
参加費 一般2000円 京都地域会会員1500円
申し込み方法

(株)一級建築士事務所 設計組織DNA/角直弘 
info@den-nen.com
TEL 075-255-7120
FAX 075-255-7125

会場 北村美術館
住所 京都市上京区河原町今出川南一筋目東入梶井町448
主催・共催等JIA近畿支部京都地域会

【レポート】

■見学後記 さる深秋の京都、鴨川デルタ西岸。北村美術館に隣接する昭和近代数寄屋の名作「四君子苑」の見学会を行いました。参加は京都地域会7名、スタッフ6名、他地域会6名、スタッフ5名の総勢24名の方々にご参加いただきました。概要はhttp://www.kitamura-museum.com/shikunshien.htmlにありますが、当日は現地スタッフの方々、また当会員である長瀬博一氏より建物について詳しく案内いただくことができました。見学先は茶道具の収蔵で知られる北村美術館創設者の北村謹次郎の邸宅です。もともとは明治の名工であった北村捨次郎によって建てられた純数寄屋に昭和36年吉田五十八によって増築(RC造)が行われました。増築部はいわゆる吉田流数寄屋が随所に展開された構成になっており、その精緻なディテールといまもって狂いのない施工精度の高さに驚きました。また捨次郎による数寄屋建築も寄付、渡廊下、離れ茶席へいたる動線等、内外が一体となった空間の流れは平成のこの時代にあっても新鮮に感じるとともに、現代建築へも深く影響を与えてるようにも感じました。名作と呼ばれる建築の普遍性にふれたひとときになったように思います。

関連記事

関西建築家大賞
関西建築家新人賞
JIA建築家大会 2016大阪 笑都物語 繋いできたもの 繋いてゆくもの 10/27~29
JIA建築家大会 2016大阪 提言書+大会報告
JIA建築家大会2017徳島
カテゴリー
投稿画面へログイン
アーカイブ
最新のお知らせ
2017年10月19日
特別対談「田根 剛×横内敏人」
2017年10月19日
JIA京都建築家展2017〜世界から京都へ。京都から世界へ。
2017年9月1日
「建築と子供たち2017」11月23日(木祝)開催。参加受付開始しました。
2017年6月8日
「伊勢神宮茶室及び茶庭」見学・研修会
2017年4月24日
清風荘見学会
東向商店街 アーケードサイン・デザインコンペティション2017
アルカシア大会
建築家リスト
協力会員リスト
ウェルカムオフィス
総合資格学院