JIAの建築家達 閉じる

林 昌二 
 林昌二は、1928年生まれ、53年東工大を卒業後、日建設計に入社、爾来、掛川市庁舎(56)から「三愛」を経て、パレスサイド・ビル、ポーラ五反田、アイビーエム本社などなどに至るまで、大規模組織事務所の中で極めて個性的な作品を作り続けてきた建築家である。また、住宅については、「掛川」以前の住友商事社宅(55)などは、日建入社以前の「丘の上のゲストハウス」と共に、林の恩師 清家清の影響を受けながらも、当時から注目された作品例であった。特に、その「社宅」は、林自身が言っているように「…ぎりぎりの経済スパンに<幕板構造>の梁を架け渡して木材量を驚異的に減らした苦心の作」だったという。また、「掛川」は、RCをはじめあらゆる材料をいかに少なくしてできるだけ性能の高い建築を造るかに苦心したという。しかも、出来上がったその建築は、日本的な伝統を踏まえた戦後建築の名作であったと、私は考えている。しかも、当時建ったばかりの丹下健三のレバーハウス風の清水市庁舎へのアンチテーゼになっている点でも注目されるところであった。その後、「貧困の美学」といわれるようになる林昌二の建築の原点は、この頃の彼の実践の中から生れて今日に至っているものである。その時期が単に「貧困」の時期だったからでは全然ない。それは、最近盛に言われるようになっている「サステイナブル建築」の実践的・哲学的基盤を、無言の形で与えているものである。しかし戦後の建築が林自身の建物を含めて昭和初期までの建築に比べていかに「安物建築」であったかについては、今後それをどのようにしていかねばならぬかを自らの一つの課題にしている。そして、そこにでてくるのが「骨太」の建築である。そして現在は建物のスケルトンの寿命は百年単位の「公共財」として考えていくべき時期ではないかとする。
林は、1990年から2年間JIAの会長を務めたが、その時期のARCASIA加盟に象徴される「脱西欧」の路線を、その後のJIAは模索し始めるのか。
なお、本年始め林雅子の急逝に接し建築界は驚かされたが、林昌二にとっては愛妻の喪失であり悲哀の極みであろうと同情申し上げると共に、心から哀悼の意を表する。われわれ年代の者はやがてそれに続くであろうことを確信しながら。
閉じる
(社)日本建築家協会  The Japan Institute of Architects (JIA)
Copyright (C)The Japan Institute of Architects. All rights reserved.