2008年6月14日、平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震 発生!
気象庁発表
6月14日08時43分ころ、岩手県内陸南部の深さ約10kmで、M7.0(速報値)の地震がありました。
この地震により、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強、宮城県大崎市で震度6弱を観測したほか、東北地方を中心に、北海道から関東・中部地方にかけて震度5強〜1を観測しました。この地震による津波の心配はありません。
この地震の発震機構は、西北西−東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型で、地殻内で発生した地震と考えられます。
気象庁はこの地震を、「平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震」と命名しました。
・各地の震度

震度6強 岩手県 奥州市
  宮城県 宮城県栗原市
震度6弱 宮城県 大崎市
震度5強 岩手県 北上市、一関市、金ヶ崎町、平泉町
  宮城県 仙台市宮城野区、若林区、加美町、涌谷町、登米市、美里町、名取市、利府町
  秋田県 湯沢市、東成瀬村
■ 岩手・宮城内陸地震の情報
2008年06月14日: 8時43分頃、岩手県内陸南部の深さ約10kmで、M7.0(速報値)の地震が発生。
  JIA災害対策委員会を本部に緊急招集、JIA災害対策本部と被災地特別対策本部を設置。
2008年06月15日: 宮城県が応急危険度判定を実施
  厚生労働省が岩手・宮城内陸地震に災害救助法を適用
2008年06月16日: 岩手県が応急危険度判定を実施
2008年06月17日: 防災科学技術研究所が岩手・宮城内陸地震で 4,000galを観測したと発表
2008年06月18日: 被災地特別対策本部長 松本純一郎東北支部長とJIA災害対策委員会が、6/16・17に実施された応急危険度判定の報告と今後の対策を協議
2008年06月19日: 産業技術総合研究所が宮城県栗原市の山中で大規模な断層のずれを発見
2008年06月20日: 東北支部から応急危険度判定作業の写真が届きました
2008年06月25・26日: JIA災害対策本部とJIA被災地災害対策本部が行政に支援協力を申し出る
2008年06月27日: 宮城県と岩手県からJIAに住宅相談実施の要請がありました
2008年06月30日: 官房長官記者発表 被災3市の一部を局地激甚災害指定へ
2008年07月02日: 宮城県栗原市で住宅相談が始まりました
2008年07月04日: 建設通信新聞がJIAの災害対策活動を紹介「災害復興支援で存在感高まるJIA」
2008年07月07日: 07月11日、岩手県一関市・奥州市で住宅相談 が始まります
2008年07月24日: 東北地方中心に強い地震、岩手県洋野町で震度6強(気象庁へリンク)
2008年07月24日: JIA災害対策委員会を開催し、東北地方で起きた地震への対応を協議しました
2008年07月30日: 独立行政法人建築研究所が建築物関係調査速報を発表(PDFデータ)
   
■ 組織図 、緊急時の連絡先 (災害対策本部組織図へリンク)