JIA Architects

JIA会員向け機関誌

2017年12月号

JIA MAGAZINE Vol.345

JIA Video Letter/USTREAM ライブ配信
〜家族が安心して住める家へ〜 JIAの建築家が相談にのります 建築相談室

JIAの領布資料

建築設計・監理業務委託契約書類
現場報告書/
共通仕様書・工事請負契約約款 など

CDP継続職能研修

・CPD単位の確認・自主研修申請
・CPDプロバイダーの方
・新規参加者登録
・認定プログラム一覧/操作マニュアル

JIAロゴマーク
NPO法人 建築家教育推進機構 一級建築士定期講習会
東京建築設計 厚生年金基金のご案内

JIAグループ保険制度

ケンバイ建築家賠償責任保険

所得補償保険 障害総合保険

書籍紹介

サステイナブル建築

サステイナブル建築

2100円+税

読んで下さい!私の「サステイナブル建築」

書籍名:サステイナブル建築
林 昭男
本書は、私が1980年代末から地球環境問題と建築との関わりに関心を持ち、JIA会員として活動を始め、その後10数年にわたって見聞を重ね、機会ある度に執筆した小論文を再録したものです。そして、その起草に直接関わった「地球環境・建築憲章」をこれからの建築活動の最重要の理念としてとりあげ、そのことを基本に、「JIA環境行動指針」、「サステイナブルデザイン・ガイド」、「JIA環境建築賞」などJIAの環境と建築に関わる活動について紹介しています。私は、JIAでは一貫して環境分野で活動してきましたが、その活動が会員に余りよく知られていないように思います。まして、会員外の人たちにとっては知る術もないことです。JIAの環境への取り組みを社会に向かって発信することの重要さも本書執筆の支えとなっています。
本書のタイトルは「サステイナブル建築」となっていますが、私の視点は、建築の枠に留まらず社会全般に向かっています。「サステイナブルな社会」の構築こそ私たちの目指す目標だからです。既にその目標に向かって動き始めているコミュニティがあります。世界のあちこちで、そして日本でもそうした事例を見る事がでます。「サステイナブル建築」は、建築教育のなかではまだ存在感が希薄です。これからの時代を背負う若い人たちのコモンセンスとなっていくことを強く望んでいます。本書の最後の部分で私は、三つの自作の建築を紹介し、その後でケーススタディとして自宅の新・増・改築について取り上げました。私はおよそ45年の間に新築4回、増築2回、改築2回を行っています。私の住宅小史といったものですが、暮らしと住まいの変化を「サステイナビリティ」の観点から考察したものです。本書を私は、「サステイナブル建築」の入門書のようなものと考えています。それ故に、多くのJIA会員に読んでいただきたく思っています。そして、「サステイナブル建築」がコモンセンスとなることを。

一覧へもどる

公益社団法人日本建築家協会 The Japan Institute of Architects (JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 Tel:03-3408-7125  Fax:03-3408-7129  地図はこちら