JIA Architects

JIA会員向け機関誌

2022年07月号

JIA MAGAZINE Vol.400

JIA Video
JIAスクール
〜家族が安心して住める家へ〜 JIAの建築家が相談にのります 建築相談室

JIAの領布資料

建築設計・監理業務委託契約書類
現場報告書/
共通仕様書・工事請負契約約款 など

CDP継続職能研修

・CPD単位の確認・自主研修申請
・CPDプロバイダーの方
・新規参加者登録
・認定プログラム一覧/操作マニュアル

JIAロゴマーク
NPO法人 建築家教育推進機構 一級建築士定期講習会
東京建築設計 企業年金基金のご案内

JIAグループ保険制度

ケンバイ建築家賠償責任保険

ケンバイQ&A

所得補償保険 障害総合保険

JIA・建築関連ニュース

2021.12.15 UP

UIA国際マニフェストリレー日本版 募集について

募集要項


審査員の紹介 …主な活動と、選定にあたっての視点


〇川久保 俊 (法政大学デザイン工学部建築学科教授)

SDGsをアクションにつなげるためにはローカライズが重要と考えています。現状の課題に対するソリューションのみならず、日本ならではの価値創造が必要です。文化や芸術などSDGsでカバーしきれない観点を、日本から提案したいと思います。


〇窪田 亜矢  (東京大学生産技術研究所人間・社会系部門特任研究員)

専門は地域デザインです。建築家がつくる空間への、社会からの期待に応えてください。一つのゴールを追究することは、物事を違う角度から見なくてもよいということではありません。土地と共振して時間を経たら新たな美しさにつながる、と予感させてくれる案を探したいと思います。


〇倉方 俊輔  (大阪市立大学大学院工学研究科都市系専攻教授)

日本の近現代の建築史と建築家を研究対象としています。特定の潮流以外の、ヴァナキュラー・ネイチャー・匿名性に可能性を感じています。現代の建築や建築家が持つ役割として、取り組むべきものかどうかの峻別をしたいと思います。


〇坂牛 卓  (東京理科大学工学部建築学科教授、『JIA MAGAZINE』編集長)

意匠論、設計を専門としています。未来の建築を作り上げていく主役となる若い人に、切実に届く言葉で語られているマニフェストを期待します。


〇福島 加津也  (東京都市大学工学部建築学科教授)

欧米のグリーンニューディールなどに対して、日本のSDGsでは議論が限定的と感じます。異分野の人が集まって議論する透明性が大切で、そこから新しいデザイン倫理を見出したいと思います。多彩な審査員による選定プロセスを通して、応募者の多様なマニフェストに期待しています。


〇藤村 龍至  (東京藝術大学美術学部建築科准教授)

公共空間の設計の現場では縮小社会の資源の再分配をめぐって空間の政治性が強まっています。地球上でのCO2排出をめぐる関心が強まることでコンクリート使用への批判も強まっています。これらの評価基準が大きく作用する時代の建築家のとるべき道について、一緒に考えましょう。


〇松田 法子  (京都府立大学大学院生命環境科学研究科准教授)

建築史・都市史を専門とし、領域史・生環境構築史に取り組んでいます。都市も建築も、大地という基盤によって形づくられ、地球をその構築材料とします。地球の自己構築活動という大きなテクトニックと、都市や建築のテクトニックの接続をどう考えればよいのか。4つのプレート境界が集合する日本列島から発信される提案に期待します。

 

提出方法

 

JIA MAGAZINE』掲載の「会長メッセージとUIAの招待内容(和文)

一覧へもどる

公益社団法人日本建築家協会 The Japan Institute of Architects (JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 Tel:03-3408-7125  Fax:03-3408-7129  地図はこちら