JIA Architects

JIA会員向け機関誌

2020年08月号

JIA MAGAZINE Vol.377 2020年08月号

JIA Video Letter/USTREAM ライブ配信
〜家族が安心して住める家へ〜 JIAの建築家が相談にのります 建築相談室

JIAの領布資料

建築設計・監理業務委託契約書類
現場報告書/
共通仕様書・工事請負契約約款 など

CDP継続職能研修

・CPD単位の確認・自主研修申請
・CPDプロバイダーの方
・新規参加者登録
・認定プログラム一覧/操作マニュアル

JIAロゴマーク
NPO法人 建築家教育推進機構 一級建築士定期講習会
東京建築設計 企業年金基金のご案内

JIAグループ保険制度

ケンバイ建築家賠償責任保険

所得補償保険 障害総合保険

JIA・建築関連ニュース

2020.07.30 UP

JIA関係者を騙った偽装メールにご注意ください

7月28日(火)から数度に渡り、JIA関係者が送信元であるように騙った偽装メールの配信が確認されました。

 

該当のメールには以下のような特徴が見られています。

・不自然さが少ない流暢な日本語の文章になっている。

・メールの本文に「請求書」というフレーズが書かれているものが見受けられる。

・メールの文頭に関係のないURLが記載されている。

 ※メールに添付されているデータを開いたり、メール本文中のURLにアクセスするとウィルス感染する恐れがあります。

上記のようなメールが届いていらっしゃいましたら削除をお願いいたします。

 

7月中旬ごろから拡大しているマルウェアの「Emotet」によるものと思われ、今後も同様のメールが発信される可能性がありますので当面の間ご注意ください。

本部事務局では、事務局の全端末のウィルスチェックを行い、システム上での対応の可能性を検討中です。

 

◆ご参考に一般的なウイルス対策として次のような対応をすることを勧めます。

【出典:独立行政法人情報処理推進機構】

https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

・身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない。メール本文中のURLリンクはクリックしない。

・自分が送信したメールへの返信に見えるメールであっても、不自然な点があれば添付ファイルは開かない。

・OSやアプリケーション、セキュリティソフトを常に最新の状態にする。

・信頼できないメールに添付されたWord文書やExcelファイルを開いた時に、マクロやセキュリティに関する警告が表示された場合、「マクロを有効にする」「コンテンツの有効化」というボタンはクリックしない。

・メールや文書ファイルの閲覧中、身に覚えのない警告ウインドウが表示された際、その警告の意味が分からない場合は、操作を中断する。

・身に覚えのないメールや添付ファイルを開いてしまった場合は、すぐにシステム管理部門等へ連絡する。


◆もし感染が疑われる場合には下記の対応が紹介されています。

【出典:一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター】

https://www.jpcert.or.jp/at/2019/at190044.html

・感染した端末のネットワークからの隔離

・感染した端末が利用していたメールアカウントのパスワード変更

 その後、必要に応じてセキュリティ専門ベンダなどと相談の上、次のような対処を行うことを推奨します。
 

・組織内の全端末のウイルス対策ソフトによるフルスキャン

・感染した端末を利用していたアカウントのパスワード変更

・ネットワークトラフィックログの監視

・調査後の感染した端末の初期化

 

一覧へもどる

公益社団法人日本建築家協会 The Japan Institute of Architects (JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 Tel:03-3408-7125  Fax:03-3408-7129  地図はこちら