JIA Architects

JIA会員向け機関誌

2018年11月号

JIA MAGAZINE Vol.356

JIA Video Letter/USTREAM ライブ配信
〜家族が安心して住める家へ〜 JIAの建築家が相談にのります 建築相談室

JIAの領布資料

建築設計・監理業務委託契約書類
現場報告書/
共通仕様書・工事請負契約約款 など

CDP継続職能研修

・CPD単位の確認・自主研修申請
・CPDプロバイダーの方
・新規参加者登録
・認定プログラム一覧/操作マニュアル

JIAロゴマーク
NPO法人 建築家教育推進機構 一級建築士定期講習会
東京建築設計 厚生年金基金のご案内

JIAグループ保険制度

ケンバイ建築家賠償責任保険

所得補償保険 障害総合保険

JIA・建築関連ニュース

2018.10.17 UP

(一財)国際建築活動支援フォーラムの事業終了について

ごあいさつ

 

  一般財団法人国際建築活動支援フォーラムは、UIA東京大会の追加事業として「次世代建築界発展のため、国際的人材育成に関わる事業を行う」べく2012年設立され、若手建築家の海外活動支援や、「日本の建築力」のアセアン市場への発信等をしてまいりましたが、このほどその活動の幕を閉じることにいたしました。

 

  前半の第1期は、グローバル人材の育成をめざし、若手の建築家100余名を世界31都市に送りだしました。

  「タイの建築家協会と連携した実務交換研修」、「マドリッド欧州大学主催の3大陸マスターコースへの留学支援」、「海外での自主的な活動支援」など海外での多様な活動の機会を設けたものです。

 

  後半の第Ⅱ期には、我が国の建築設計・施工・資材・不動産等、総合的な「日本の建築力」を、延べ82社の参加によりバンコック・シンガポール・ハノイ・ホーチミン・ジャカルタに於いて、各社の担当者のスピーチや展示により訴求しました。現地の建築団体との共催の下、参加者は3000名近くに及ぶ盛況を呈したものとなりました。

 

  これらはいずれも、少子高齢化とグローバル化の著しい進展の中で、我が国建築界の将来の為、だれしも避けられない、海外市場開拓に向けた一つの試みというべき性格のものだと考えます。

  恐らく我が国で初めて展開したこうした事業がどれだけの意義を持ちえたのかはこれから検討されるべきものでしょう。

  そのための活動記録は、別途取りまとめしましたのでご参考頂ければ幸いです。

 

  いずれにせよ今日までこのような試みが可能であったのは、日本建築家協会をはじめとする建築主要5団体や国土交通省等関係機関および有志企業等の皆様のご支援の賜物であります。

改めて今日までのご支援ご協力に厚く謝意を表するものです。ありがとうございました。

2018年9月25日

 

一般財団法人国際建築活動支援フォーラム

理事長  小倉善明

 

一覧へもどる

公益社団法人日本建築家協会 The Japan Institute of Architects (JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 Tel:03-3408-7125  Fax:03-3408-7129  地図はこちら