委員会・部会の活動

協力会員委員会

カテゴリー

  • 投稿:2020年12月17日
  • by
  • コラム&レポート
  • 協力会員委員会
  • イベント告知・レポート

Catalyst(カタリスト)第4回 柔よく剛を制す

井上久実さん(井上久実設計室)×廣瀬真二さん(FPC会・富士川建材工業株式会社)

こんにちは。JIA近畿支部広報委員(協力会員委員長)の延原です。
正会員さんと協力会員さんをつなぐ連載Catalyst(カタリスト)。
第4回は、井上久実さん(井上久実設計室)の事務所にFPC会(富士川建材工業株式会社)の廣瀬真二さんとおじゃましました。

どのような基準で外壁の工法を選ばれていますか?

建築における外装は、人間にとっては、服と同じで、着こなしと中身を守る役割があります。見た目のデザインも重要ですが、地域特性、まちなみ、何よりも、自分が表現したいイメージを実現する素材を選択します。さらに建築を守る耐久性、経年変化を楽しめる素材がいいですね。

左官仕上げの良さはなにですか?

左官仕上げの良さは、目に見えない厚み感、重厚感、そこに対峙した時の心地いい空気感です。また、自然素材でしかだせない、年月を経た表情、いいように朽ちていく素材感も魅力の一つですね。

左官工法の耐久性についてはどのようなイメージを持たれていますか?

耐久性については、固い金属系や石材系の方が強いのではないかと思っていたのですが、廣瀬さんから、特殊ラスを使用した軽量モルタル工法は、強度があるのに、しなり(柔軟性)があるという実験結果を伺って、驚きました。昨今の台風で問題でもなっている飛来物もはね返す粘りがあるとのこと。また、熊本地震や大阪北部地震でも被害が少なかったと聞いて安心しました。まさに、柔よく剛を制す。ラスモル工法で仕上げると耐震補強の効果も期待できますね。

富士川建材を選ばれる理由というのは?

やはり、自社責任施工で品質管理をきちんとされていることですね。
事務所の特記仕様書には、富士川建材の外壁モルタルシステム工法が標準仕様となっています。採用してから20年近くなりますが、おかげさまで全くクレームはありません。施工の状況をクライアントに実際に見てもらうことで、安心してもらっています。常に、耐久性を追い求め、新しい工法を研究、開発されているところも心強く思っています。

今後、左官工法に要求したいことはなんですか?

一番の悩みは価格ですね。いつも、左官を取り入れたいと思っていますが、全体予算における外壁、内壁、床の占める割合は多いので、コストコントロールに大変苦労しています。いつも現場で目にしますが、左官職人さんの技術は素晴らしいので、技術の継承にも力を入れていただきたいですね。需要の減少や仕事のバラツキもあって、後継者や施工者不足の問題も聞いています。我々建築家も、これからもっと左官の良さを伝えていきながら、今の時代にあった左官の使い方を模索したいと思います。

取材のあと、井上さんの自宅に潜入!

玄関には、井上さん製作の陶芸が…すてき…

素敵なLDK…に、一同驚き…

廣瀬さんからの感想

普段営業活動で一方的に左官工法の説明をすることが多いのですが、昔からラスモル外壁工法をご採用頂いている井上先生より、率直な評価をお聞きすることができましたので、今後の営業活動に役立ててまいりたいと思いました。短い時間ではありましたが、建築に対する先生のお考えや、お人柄を少しでも感じることができた有意義な時間でありました!また、品質管理の面でもお褒めの言葉を頂戴し誠に光栄です。

実はここ近年の富士川建材工業株式会社の取り組みとして、左官工法の減少、また、職人不足の問題に歯止めをかけることを目的として、共に仕事づくりをする会=FPC会(フジカワプラスターコミュニティー)を約6年前に発足し、全国各地域で活動を展開しております。組織としては、東日本支部、中日本支部、西日本支部で成り立っており、全国約80社の会員様が、湿式工法の普及活動に取り組んでおります。
てっとり早く言いますと、全国の左官職人ネットワークですね!
壁塗りはもちろん、さまざまな左官工法はFPC会にお任せ下さい!

JIA近畿支部入会のきっかけ

4年前に南港のインテックス大阪で開催された高性能建材EXPOに出展していたところ、建築家ブースに井上久実先生がいらっしゃったので、日頃の御礼にとご挨拶に伺いました。
そこでJIA近畿支部協力会員のお話を頂戴し、後日、FPC会西日本支部として入会させていただくこととなりました。
まだまだ新参者ですが、FPC会を今後共よろしくお願いします。

編集後記

井上さん、廣瀬さん、奥和田さん、ご協力ありがとうございました。話は約2時間、左官業界の過去から、現在、はたまた未来まで、みなさんの左官への熱い思いが伝わりました。僕もとても勉強になりました。それでは、次回お楽しみに。

カテゴリー
アーカイブ
最新のお知らせ
2021年1月19日
Catalyst(カタリスト)第5回 【キッチンハウス】名前の通りキッチンメーカーである。
2020年12月17日
Catalyst(カタリスト)第4回 柔よく剛を制す
2020年11月22日
Catalyst(カタリスト)第3回 困っている人は見過ごせない
2020年10月17日
Catalyst(カタリスト)第2回 材料を理解して設計する
2020年9月16日
Catalyst(カタリスト)第1回 不自然にならない自然
建築家を探そう
建築をつくる仲間たち
総合資格学院