イベント・コンペアワード

  • 投稿:2019年7月29日
  • by  
  • セミナー・講演会

JIAイベント学生可 木材利用促進セミナーvol.9 「地球環境時代における木造建築の可能性:日本と世界の試みから」

                               
イベント名称 「木材利用促進セミナーvol.9 「地球環境時代における木造建築の可能性:日本と世界の試みから」」
開催日時2019年11月8日(金)14:00〜17:00(13:30開場)
講師武松幸治(E.P.A環境変換装置建築研究所)、小見山陽介(京都大学)、中島浩一郎(銘建工業)
内容

企画趣旨: 地球環境負荷低減に向かう社会に呼応して、国内外で木造建築の再評価が進んでいます。サステイナビリティへの国際協調を契機に、木造建築が「再発見」された格好です。将来振り返ったときに、変革の端緒は今この時代だったと見なされることになるのかもしれません。 基調講演では、日本におけるCLT・都市木造建築のパイオニアである武松幸治氏に、今年度日本建築学会賞を受賞した新豊洲Brilliaランニングスタジアムをはじめとする木質建築の大小様々な取り組みをご紹介いただきます。日本建築学会賞の受賞記念講演は関西圏では予定されておらず、その意味でも貴重な機会となるでしょう。話題提供1では、設計者・研究者の視点から国内外の事例を多く視察している小見山陽介から、特に欧州における中大規模木造建築の最新動向を報告します。話題提供2では、真庭市のSDGsに向けた取り組みと木造建築の果たすべき役割について、国内外に広い視野をお持ちの銘建工業社長中島浩一郎氏より紹介いただきます。パネルディスカッションでは関西で活躍する建築家たちを交えて木造建築の実践を紹介するととともに、地球環境時代における木造建築の可能性と一歩踏み出すための手がかりを登壇者たちと広く議論します。 国内外の最新動向を実例に即して伝える本セミナーの開催が木造建築の裾野を広げ、関西在住の設計者・学生たちのあいだでも機運がますます高まることを期待しています。

参加対象一般、JIA会員、学生
定員200人(申込み先着順)、申込締切:10/31
参加費 1,000円(学生は学生証提示で無料)
申し込み方法

お名前、所属、ご連絡先(電話番号又はメール アドレス)を明記の上、下記にメール又はFAX にて10月31日(木)までにお申し込みください。 (公社)日本建築家協会 本部事務局 北沢将司(Shoji Kitazawa) FAX: 03-3408-7129 Mai:l skitazawa@jia.or.jp

申込書 申込書
会場 綿業会館新館7F大会場
住所 大阪市中央区備後町2-5-8
地図の表示
大阪市中央区備後町2-5-8
主催・共催等(公社)日本建築家協会環境会議、同近畿支部環境委員会
協賛:ジャパン建材株式会社、株式会社キーテック、秋田グルーラム株式会社、物林株式会社、株式会社MIYAMORI
お問い合わせ先 Te:l 03-3408-7125(JIA館4階、北沢) e-mail skitazawa@jia.or.jp

関連記事

カテゴリー
アーカイブ
pickupイベント
2019年7月29日
木材利用促進セミナーvol.9 「地球環境時代における木造建築の可能性:日本と世界の試みから」
2019年7月11日
日本鯨類研究所太地支所の設計者選定募集について(公示)
2019年7月9日
2019釜山国際建築大展(アイデアコンペ)1次審査結果(発表)
2019年7月5日
河川工学からみた日本の洪水災害と課題
2019年6月20日
「これからの設計者選定を考える」セミナー
アルカシア大会
JIA建築家大会2018東京
建築家を探そう
建築をつくる仲間たち
ウェルカムオフィス
総合資格学院