地域会の活動

京都地域会

カテゴリー

  • 投稿:2017年9月7日
  • by 京都地域会広報委員 
  • イベントレポート
  • 京都地域会

京都市・地震に強い!住まいづくりフェア

         
イベント名称 「京都市・地震に強い!住まいづくりフェア」
行政等連帯活動委員会・京都市耐震ネットワーク活動
開催日時2017年9月2日(土)〜3日(日) 9:00~17:00
参加費 無料
会場 京都市市民防災センター
主催・共催等主催:京都市都市計画局建築指導部建築安全推進課/京安心すまいセンター
協力:JIA京都地域会
協力:JIA奈良地域会長_森田昌司氏、 (株)立花エレテック_西澤氏、日東工業(株)_小林氏、木村氏

【レポート】


建築(耐震)相談 :足立成美、奥田敦

感震ブレーカー実演:萬野光雄

来場者:1日目320名、2日目390名 合計710名

 この活動は、京都市が毎年行っている耐震改修促進事業の一つです。JIA京都地域会は、ほぼ毎年参加しています。
 今回の参加内容の1つは、耐震改修に重点をおいた建築相談。京都建築設計関係四団体が隔年に担当しています。相談にみえられた方の多くは、チラシを見てこの建築相談を利用されています。私の感じた限り、会場に来られてからたまたま立ち寄ったのでは無いようでした。 2つ目が今回初めての「感震ブレーカー推進活動」です。JIA奈良地域会長の森田氏の協力で、京都地域会でも感震ブレーカーの設置の呼び掛けを行っています。今回、岩倉在住の来場者の一人が既存のブレーカーに後付けする感震リレーを設置されました。設備屋さまの対応が円滑ではなく、設置に至るまで1ヶ月以上もかかるなど、普及するにはまだまだ遠いことを感じました。今後の課題は、家電メーカなどでクーラーを設置するようなスムーズなシステムの開拓だと思います。その後、自治会の防災委員会でも設置に向けて話し合って頂いています。
 今回はメニューに加わらなかったのですが昨年は、パネル展示と「改修工事をおこなう時に、耐震化を行いましょう」と呼びかけるコーナー(ステージ)を行いました。各建築家の改修設計事例をもとに説明し、質問と回答を行います。
 これらの活動は、これからも継続したいと思います。

記録:萬野光雄

関連記事

カテゴリー
アーカイブ
最新のお知らせ
2019年7月5日
河川工学からみた日本の洪水災害と課題
2019年6月6日
建築と子供たち2019「京都の家、つくろう!」設計&建築模型製作
2019年3月26日
ウスビ・サコ講演会「北西アフリカ建造物の建築的特徴」 -第31回JIA京都地域会通常総会記念講演会-
2019年2月1日
本隆寺修理現場見学研修会
2018年10月8日
建築と子供たち2018「京都の建築スケッチ大会・2019年ポストカード編」
アルカシア大会
JIA建築家大会2018東京
建築家を探そう
建築をつくる仲間たち
ウェルカムオフィス
総合資格学院