京都地域会

  • 投稿:2009年6月25日
  • by 後藤直子 
  • 京都地域会

JIAイベント 建築家作品展「受け継がれる建築の佇まい」〜地域の特性を生かして〜

今秋、全国から建築家が数百名京都にやって来ます。大会では京都の伝統文化を見つめ直し、将来の建築への「術(すべ)」となる様々な講演やセミナー、展示が行われます。このプレイベントとして、作品展を開催致します。

建築は今までの歴史の延長線上に存在し、これからも創造されていきます。それと共にグローバルな視野の中に、地域性を見出しながらその場所にふさわしい建築を建築家たちは考えています。今一度、歴史の継続性と地域の特性を見つめなおし、これからも受け継がれていく「佇まい」への様々な提案が作品に込められています。

                 
イベント名称 「建築家作品展「受け継がれる建築の佇まい」〜地域の特性を生かして〜」
日本建築家協会全国大会京都2009プレイベント
開催日時2009年6月25日(木)~28日(日) 10:00~17:00 (25日は12:00~17:00)
内容

・40名の建築家の作品をパネルや模型で紹介
・「子供たちがつくる現代鉾」の展示
・「伝統文化のスライド映像紹介」

申込書 申込書
会場 京都文化博物館 別館ホール
住所 京都市中京区高倉通三条上る東片町623−1
主催・共催等主催:社団法人日本建築家協会 近畿支部 京都地域会 作品展実行委員会
お問い合わせ先 社団法人日本建築家協会 近畿支部 TEL:06-6229-3371 

関連記事

カテゴリー
アーカイブ
最新のお知らせ
2021年8月17日
本野精吾の建築 ―再生保存と未来へつなげる活用―
2021年7月26日
建築と子供たち in KYOTO, 同志社中学校「建築・学びプロジェクト」
2021年4月3日
近現代の建築から京都を考える
2020年12月7日
「上原ビル 住宅・都市整備公団 御池通市街地住宅」見学会(中止)
2020年12月28日
JIA KYOTO 実務Zoomセミナー アトリエが活用するBIMについて② GLOOBEの事例