トップページへ

「もっと深く、もっと広く」 JIA建築セミナー2009
─JIA建築セミナーは一回性にこだわりたい

JIA建築セミナーは1978年創設以来、継続されてきたJIAのさまざまな企画の中でも歴史のある連続セミナーです。
昨年度から私たち2人が引き継ぎましたが、これまでの精神を継承しつつも、この実行委員メンバーでなければできない企画、
JIA建築セミナーでなくては実現不可能な内容、今年度でしかできないプロジェクトを準備しました。

今年度の建築セミナーは9つの「プロジェクト」で構成しました。
各プロジェクトはフィールドトリップ、講演会、対談などの多様な形式とし、
受講生のみなさんが建築を「もっと深く、もっと広く」考えるための場を提供します。
月ごとのプロジェクトには基本テーマをあたえ、それに関連するセミナーを、月2回または3回用意しました。
実務をこなしながら忙しい時間をやりくりしてセミナーに出席しようという意欲ある皆さんの時間を考慮し、
毎回のセミナーは独立した形式としてあります。
仮にそれぞれのプロジェクトに関わるセミナー全てをカバーできなくても充分知識の蓄積になるよう構成を工夫したつもりです
(でも時間の都合がつけば、ぜんぶ参加する価値はゼッタイありますよ)。

また、本セミナーはふだんの仕事とは違ったところでの人のつながりを深める貴重な体験であると考えています。
そのような「ヨコのトモダチ」の交流(もっと広く)もセミナーの重要な目的ととらえ、
開講式・閉講式のレセプションや越後妻有アート・トリエンナーレを見学する週末旅行をスケジュールに組み込んであります。
オープニング・レセプションは飯田橋にある日仏会館ラ・ブラスリーの緑の中庭で、
フィナーレは東京にゆかりある場所を検討中ですので、奮ってのご参加を期待しています。
では6月にラ・ブラスリーでお会いしましょう。

JIA建築セミナー実行委員長 木下庸子+渡辺真理

  
実行委員長
木下庸子[設計組織ADH、工学院大学教授]
Yoko Kinoshita Watanabe
1977   スタンフォード大学卒業
1980   ハーバード大学デザイン学部大学院修了
1981-84 内井昭蔵建築設計事務所勤務
2005-07 UR都市機構都市デザインチームリーダー

渡辺真理[設計組織ADH、法政大学教授]
Makoto Shin Watanabe
1977   京都大学大学院修了
1979   ハーバード大学デザイン学部大学院修了
1981-87 磯崎新アトリエ勤務
実行委員
石井大五[フューチャースケープ建築設計事務所]
石川静[NTTファシリティーズ]
大成優子[大成優子建築設計事務所]
川辺直哉[川辺直哉建築設計事務所]
田口知子[田口知子建築設計事務所]
中辻正明[中辻正明都市建築研究室]
早瀬幸彦[久米設計]
保坂猛[保坂猛建築都市設計事務所]
安田博道[環境デザイン・アトリエ]

主な受賞歴など
3000   JIA日本建築家協会新人賞(NT)
2002   日本建築士会連合会優秀賞(日本基督教団ユーカリが丘教会+光の子児童センター)
2005   JIA環境建築賞優秀賞(兵庫県西播磨総合庁舎)
     グッドデザイン金賞(東雲キャナルコート中央ゾーン)
2006   BCS建築業協会賞特別賞(東雲キャナルコート中央ゾーン)

著書
「孤の集住体」共著:渡辺真理、木下庸子(住まいの図書館出版局/1998年)
「集合住宅をユニットから考える」共著:渡辺真理、木下庸子(新建築社/2006年) ほか
 
JIA建築セミナー2009|スケジュール2009年6月16日─2010年2月27日

開講式

6月16日[火]19:00- |東京日仏学院「ラ・ブラスリー」にて
   

Project
1
東京ガス・スミカ・プロジェクトに見る住まいのミライ
2008年に完成した「SUMIKA Project」は伊東豊雄氏がプロデュースするこれからのスミカ提案だ。伊東氏が設計する見学パヴィリオンと、藤森照信氏、西沢大良氏、藤本壮介氏による住宅3棟を体感することで、五感で感じる「プリミティブ」な感覚を呼び覚まそう。
1. 6月20日[土]|現地見学会|東京ガス宇都宮プロジェクト
2. 6月22[月]19:00-
  セミナー:藤森照信
[建築史家、建築家、東京大学教授]、西沢大良[建築家]
   
Project
2
建築を取り巻くコラボレーションの現場
建築デザインの可能性をひろげる様々なコラボレーション。今回は幅広く建築家と仕事をしている若手2人の現在を通して、さらなる可能性を探る。
1. 7月14日[火]19:00-|「新しい照明が生まれる経緯」岡安泉[照明デザイナー]
2. 7月21日[火]19:00-
  「インターフェイスとしての家具」藤森泰司
[家具デザイナー]
   
Project
3
越後妻有アートトリエンナーレ2009を体感する
今年で4回目を迎えた「大地の芸術祭」。会期中、作品の一つである光の館やコテージに宿泊し、妻有を回る。参加作品のアートや建築のほか、隈研吾氏や内藤廣氏の建築にも足を伸ばし、棚田、集落、森を訪ね、そして、食を楽しむ。作品を体感し、現代美術、そして、地域とは何かを考える。
1. 7月31日[金]
2. 8月1日[土]|現地セミナー:北川フラム
[新潟市立美術館館長、アートプロデューサー]
3. 8月2日[日]
   
Project
4
ザ・劇場空間
今年5月にオープンした伊東豊雄氏設計による劇場「座・高円寺」。街の広場のように地域に開かれた劇場を目指して、さまざまな試みがなされているこの劇場を手がかりに、あたらしい公共劇場、その可能性を考える。
1. 9月6日[日]or 12日[土]|観劇または見学会(企画中)|「座・高円寺」
2. 9月8日[火]19:00-|セミナー:伊東豊雄
[建築家]
3. 9月15日[火]19:00-
  対談:眞野純
[技術監督]、青島琢治[元伊東豊雄建築設計事務所]
   
Project
5
アートと建築の距離
山梨県北杜市小淵沢にある「中村キース・ヘリング美術館」(2008年村野藤吾賞・日本建築大賞受賞)を設計者北川原温氏とともに見学し、北杜市小淵沢の魅力を満喫しながら、アートと建築の距離を思考・試行しよう。
1. 10月3日[土]|見学会|中村キース・ヘリング美術館
2. 10月4日[日]|ワークショップ:北川原温
[建築家、東京芸術大学教授]
   
Project
6
2軒の名作住宅建築を探訪する:「スカイハウス」と「塔の家」
1. 10月24日[土]|スカイハウス(菊竹清訓設計)、塔の家(東孝光設計)の見学会
2. 10月27日[火]19:00-|鼎談「名作住宅で育つということ」

  菊竹雪[ディレクター・デザイナー]、東利恵[建築家]、植田実[編集者]
   
Project
7
山本理顕と集合住宅を語る:「東雲とポスト東雲」
東雲集合住宅(A街区)の設計者山本理顕氏が、“家族・住宅・都市”をゲストに問い、ゲストとともに、集合住宅の未来に対する展望を語る。
1. 11月14日[土]|見学会(予定)|東雲キャナルコートCODAN
2. 11月17日[火]19:00-

  鼎談:山本理顕[建築家]、井関和朗[UR都市機構]、もう1名(予定)
3. 11月24日[火]19:00-|鼎談「「1住宅=1家族」システムの限界」:
  山本理顕、中野隆生
[学習院大学文学部教授]、木下庸子[建築家]
   
Project
8
環境と建築─その関係を多角的にとらえる
今の時代に欠かすことのできない「環境」。環境は建築においても、ますます重要なファクターになってきている。持続発展できる環境と建築のあり方を、多角的な視点から捉えることで、真の環境の知識を深める。
1. 11月30日[月]|「環境建築を原点から考える」
  小玉祐一郎
[建築家、神戸芸術工科大学教授] (予定)
2. 12月8日[火]19:00-|「環境エンジニアリングの最新事例」Arup Japan

3. 12月15日[火]19:00-|「真に環境に配慮したランドスケープとは」
  山崎誠子
[ランドスケープデザイナー]
   
Project
9
東京のリアル・都市の未来
100年に一度といわれる大不況下の建築界。一方、金融バブルの終焉は、人間本来の力や都市の力が浮かび上がるチャンスかもしれない。リアルな、人々の力を再確認し、潜在的な土地の持つ力を読み解きながら、新しいビジョンを描くことで、新たなブレークスルーを見出だす。
1. 1月26日[火]19:00-|「都市の未来、FIBER CITYⅠ〜Ⅱへ」
  大野秀敏
[建築家、東京大学教授]
2. 2月2日[火]19:00-|「東京のリアル」都築響一
[写真家、編集者]
3. 2月9日[火]19:00-|「東京のみえない力」
  陣内秀信
[建築史家、法政大学教授]、中沢新一[宗教学者、思想家、多摩美術大学教授]
   
閉講式 2月27日[土]|東京のウォーターフロント探訪(予定)
   

JIA建築セミナー2009募集案内|2009年6月16日─2010年2月27日開催CPD申請中
定員
40名
受講資格
当セミナーに興味のある方、若手設計者ほか
講習期間
2009年6月16日─2010年2月27日
見学会等の集合場所・時間ほかは、追ってお知らせします。
会場
JIA館(原則)
住所─東京都渋谷区神宮前2-3-18
電話─03-3408-8291
交通─地下鉄銀座線外苑前徒歩8分
JR千駄ヶ谷駅徒歩10分|JR原宿駅徒歩12分
受講料
一括払い:140,000円
分納:160,000円
見学・宿泊等の交通費、食費等は実費となります。
申込み方法
受講希望者は氏名・住所・連絡先(TEL/FAX/E-mail)を明記し、事務局までFAXか、郵送にてお申込下さい。追って、ご連絡いたします。
なお、都合により変更になる講座もありますので、予めご承知置き下さい。
主催
社団法人日本建築家協会関東甲信越支部
企画運営
(社)日本建築家協会関東甲信越支部
JIA建築セミナー実行委員会
[JIA建築セミナー事務局]佐藤由巳子
申込み・問合せ先
(社)日本建築家協会関東甲信越支部
JIA建築セミナー事務局
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18 JIA館4階
TEL 03-3408-8291|FAX 03-3408-8294






COPYRIGHT (C) THE JAPAN INSTITUTE of ARCHITECTS KENCHIKU SEMINAR