JIA Architects

JIA会員向け機関誌

2022年12月号

JIA MAGAZINE Vol.405

JIA Video
JIAスクール
〜家族が安心して住める家へ〜 JIAの建築家が相談にのります 建築相談室

JIAの領布資料

建築設計・監理業務委託契約書類
現場報告書/
共通仕様書・工事請負契約約款 など

CDP継続職能研修

・CPD単位の確認・自主研修申請
・CPDプロバイダーの方
・新規参加者登録
・認定プログラム一覧/操作マニュアル

JIAロゴマーク
NPO法人 建築家教育推進機構 一級建築士定期講習会
東京建築設計 企業年金基金のご案内

JIAグループ保険制度

ケンバイ建築家賠償責任保険

ケンバイQ&A

所得補償保険 障害総合保険

イベント情報

2022年11月10日 UPJIA

設計・監理契約とその法的責任顧問弁護士から学ぶ

概要

●お申し込みはこちらのフォームから

 

JIAの建築家として社会的責任を果たすことが求められております。 近年、予期せずトラブルに巻きこまれることが少なくありません。 例えば、ほんの小さな見落としが大きなトラブルになったり、スタッフや協力会社の業務 に関わるミスが建築家を巻き込むトラブルにつながったりする事例が発生しております。 適切な対応を行うことで、多くのトラブル発生を防ぐことが出来ます。

 

第1部

設計・監理契約とその法的責任について

講師:弁護士 竹川 忠芳 (JIA顧問弁護士)

建築家は、自らの設計に問題が無くても、予期せずにトラブ ルに巻きこまれることが少なくありません。 JIAの顧問弁護士として数々の建築関係のトラブルに係って きた竹川先生に設計・監理契約とその法的責任について解 説頂きます。また、トラブル発生時の注意点、対応方法につ いて具体事例を基に解説頂き、実務にも役立つ内容です。

 

第2部

JIAケンバイの特徴 – 事故事例を基にした解説

講師:JIA業務委員会 ケンバイWG主査 輿 尉

JIAのケンバイは、JIA会員が社会的責任を果たすためにJIA の要請を受けて創設された団体保険です。 セミナーでは、ケンバイの特徴、他団体との違い、他団体から の移行等について、事故事例を踏まえてケンバイのメリットを 分かり易く解説致します。 他団体からの移行、リスクの遡及、 無事故期間の引継ぎも一定の条件のもとで可能です。

 

■ 日 時:2022年12月5日 (月) 18時~19時30分

■ 会 場:ウェビナーによるオンラインセミナー

■ 主 催:JIA 業務委員会 ケンバイWG

■共 催:株式会社 建築家会館

■ 参加方法:お申し込みを頂いた方には開催前日・当日の2回、メールにてウェビナーのURLをご案内します。

■ 参加費:無料

■ 募集人員:400名

■ CPD:単位申請中

詳細情報

  • 日時 2022年12月5日(月)18時~19時30分
  • ダウンロード資料

一覧へもどる

公益社団法人日本建築家協会 The Japan Institute of Architects (JIA)
〒150-0001  東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 Tel:03-3408-7125  Fax:03-3408-7129  地図はこちら